確実性が高い簡単な方法

やはりこの方法が確実である程度簡単な頭が良くなる方法です。
簡単な方法はいくらでもあるのですが、確実性が低い。その部分を克服した方法と言えます。

詳細は→簡単確実に頭が良くなる方法

脳はたった数%しか使っていない?

世の中の常識では脳は普段数%しか使っておらず、天才でも常人のプラス数%しか使っていないらしいです。これは昔の見解で、最近はそんなことはなく、もっと使っているという報告もあります。

 

本当はどうなのかは140億の細胞から成っている脳なので、未知の世界であるというのです。

 

数%しか使っていないという説の理由とは
常に脳をフルパワー状態にしておくと、イザって時に本気が出せず、イザ命の危機にさらされた時に、火事場の馬鹿力が出せないため。という事もあるらしいです。

つまり、常に脳がフルパワー状態ですと、体がボロボロになってしまうため、パワーをセーブさせているというのです。だから通常は体を守るために、脳の力を抑えているという事です。

 

だったら、火事場の馬鹿力が必要な時に出せたらいいですね。例えば勉強している時に限ってなら・・・

 

でもですね、そんな都合の良い事はなかなか出来ないんです。

 

普段使っていない部分がたくさんある脳。普段は休んでいるんですね、意図的に。

 

 

 

他に脳の活性化する方法はないのか?

 

火事場の馬鹿力は命に及ぶような時に限って発揮できるものですが、そこまで脳力が上がらなくても、数%でいいから上げる方法はないのでしょうか?

 

学習機能は脳が司っていますが、記憶や分析、解析といった情報を解読する力は、鍛えることによりアップさせることは可能です。

 

その理由は偉人の言葉から明らかです。

 

頭は筋肉と同様、鍛えるほど強化される。・・・トーマスエジソン

 

エジソンが仰せです。鍛えることにより脳が活性化するということですね。

 

脳の活性化方法は、暗記が苦手なら暗記の勉強をやり続ける。つまり漢字を覚えるためには、覚えようと意識しながら頭に焼き付ける事をし続ける、英単語もそう、歴史の年号もそう。

 

英語の文法も先生に聞くなりして、分かるまでやり遂げる。数学の応用問題も同じく。この訓練をし続けた人のみ、勉強が得意となるのでしょう。

 

記憶の分野に関しては、記憶に特化したトレーニングにて脳を鍛える事ができるので、勉強に約立ちそうです。

 

私も買いましたが、イメージ記憶などの理論を交えながら、脳の力を底上げできそうです。

 

右脳、左脳と使っていない部分をより多く使うための方法も書いてあります。なるほど、やはり概念は脳を鍛えるという事が根底にあります。

脳の活性化方法記事一覧

脳は鍛えられるとこのページにも書きましたが→脳の活性化方法習慣について具体的にいいますと、毎日続けられる簡単な敷居の低いことを何年も実施してみてはいかがでしょうか?記憶力を高める方法脳に良い習慣とは日々空いている時間何しています?スマホ?テレビ?ですよね。大多数に人がスマホもってますよね。持っていない?!でもPCは?持ってない?!スマホ持っている人は脳トレのアプリ入れてみましょうよ。無茶苦茶種類あ...